今週も始まりました!2011/10/25 20:26

元気があれば、何でもできますから、土作りからこだわったおいしいお野菜を食べにいらして下さいね。

枝豆は、枝つきで届きました。
茹でたてをお出ししたら、残りはこれだけになりました。
残りの枝豆に、葛粉、水、塩を加えて、明日は枝豆豆腐でお出ししますね。
枝豆の甘い香りが最高です。
嶋中のおじさんが、入口の段差で転ぶ人がいるといけないからと、
板を取り付けに来てくれました。
お客さんがひけたらやってあげるね。
それまで、お昼寝中。
段差が無くなり、バリアフリーになりました!
おじさんありがとう!
私もおじさんの様に、働き者にならなくちゃ。
明日の朝は冷えるそうです。
どうぞ、お風邪ひかれません様、温かくしてお休み下さいね。
お休みなさい。

はまっています2010/09/11 22:17

最近、海の精のハーブソルトにはまっています。
もっと、ハーブの味がきついのかと思ったら、私好みのマイルドな味で、焼き野菜も、ちょっとおしゃれな一品に変身しました。
お豆腐を、ハーブソルトと、オリーブ油に漬けたり、サラダのドレッシングにしたりと、何かと重宝しています。

とまとのお薦めレシピ2010/07/29 23:12

料理上手な方に出会うと、必ずお聞きすることがあります。
お薦めの、簡単で、美味しいレシピは何ですか?

7年前、大阪の正食協会で会った、けいちゃん。
福岡の自然食レストランで働いているとか。
大勢の参加者の中でも、澄んだ瞳が印象的でした。
お薦めの、簡単レシピを教えて欲しいの。
そう聞くと、
採りたてのミニとまとを梅酢に浸けるだけ。
これだけなんだけどね、お客さんに人気なんだよ!
思い出して、とまとを梅酢に浸けてみました。
この夏の、のらランチの名わき役で登場します。

きれいな瞳の訳は、寝る前に、良質の胡麻油を一滴、点眼してから寝ているそう。
東城百合子先生の、お手当療法に載っています。

梅醤番茶2010/07/14 21:25

毎日、雨の日が続きますね。
湿度があって、ジメジメするので、ランチのお客様に、お猪口一杯分ずつ、梅醤番茶をお出ししました。

作り方は、
熱い番茶に、醤油、生姜の搾り汁、梅干しを入れ、良く混ぜて飲みます。
疲労回復に役立つので、体がスッキリとします。
ご馳走を食べすぎた次の日や、胃がスッキリとしない時にもお薦めです。
大切なのは、熱いうちに飲むことと、空腹時に飲むことです。
スティック状になった商品もあり、携帯するのに便利です。
急にお腹が痛くなった時や、車酔いした時などに、少しなめておくと、胃腸が落ち着きます。
右は、梅干しの実が小さな粒になっています。
梅の実にはクエン酸が多く、毒消しや、殺菌力が強く、血液浄化をして、疲労回復をする、大切なものです。
通常の梅には、農薬がたくさん掛かっています。
JASの判定員をしている方が、梅を持って来て下さった時に、そう話してくれました。
有機のものを、お薦めします。


残った野菜2010/06/08 19:48

今週は、イベントの為、野菜をたくさん仕入れたら、大根とカブが少し余ってしまいました。
両方とも切って干します。
父の使わなくなった、魚を干す網が、とっても便利。
大根は、切干大根の煮付けに。
カブは、焼いてステーキに。
ランチにお出ししますね。
干すことで、太陽のエネルギーが加わり、ビタミンDもアップします。
6月の梅雨の時期は、なかなか乾かず、カビやすいので、お天気の良い、湿度の低い時期にお試しくださいね。